読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

待ってました!!

こんばんは!池袋大塚スタジオからスポーツニュースです!

 

大相撲の東大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛茨城県出身、田子ノ浦部屋=の横綱昇進が初場所千秋楽の22日、確実になった。日本出身力士として平成10年の三代目若乃花以来19年ぶりの新横綱誕生となる。21日に初優勝を決めていた稀勢の里は千秋楽で横綱白鵬に勝って14勝1敗の好成績で終え、「自分の相撲を信じて一生懸命稽古してまた強くなった姿を見せたい」と抱負を述べた。

 

日本相撲協会八角理事長(元横綱北勝海)は、昇進を審議する臨時理事会の開催を審判部から要請され、受諾した。理事長が23日の横綱審議委員会(横審)に諮問する。

 

横審の守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は「(委員の)反対はないと思う。国民に尊敬される大横綱になってもらいたい」と述べ、昇進に支障はないとの認識を示した。25日の春場所番付編成会議後の臨時理事会で「第72代横綱稀勢の里」が正式に誕生する。

 

番付編成を担う審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は「昨年は年間最多勝という実績があり、今場所も優勝を果たした。(審判部の)全員が賛成した」と評価した。

 

初優勝での横綱昇進となるが、安定感と頑健さが高く評価された。現在、照ノ富士以外の横綱大関陣は30代。今場所は日馬富士鶴竜の両横綱大関豪栄道が負傷で途中休場した。稀勢の里は30歳ながら、休場は右足親指負傷による平成26年初場所千秋楽の1日のみ。史上最多37度の優勝を誇る横綱白鵬よりも圧倒的に少ない。

 

入門した頃から常に真っ向勝負が信条で、誠実な土俵態度もファンの共感を呼んでいる。

 

待望の日本出身横綱の誕生は高まる相撲人気をよりいっそう定着させることになりそうだ。

 

本当におめでとうございます!
何度も挑戦して遂にですね!
これからも期待してますので頑張ってください!
 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ にほんブログ村 東京ナイトライフ情報